ガスの種類やガス料金について

2017年4月から、ガス料金の自由化が開始されました。
かつては地域ごとに1社が独占する状態でしたが、消費者はガス供給会社を自由に選択できるようになったため、競争により料金の下落も見られます。
ガスには都市ガスとLPガスの2種類が存在し、今回自由化されたのは都市ガスで、LPガスについては以前から自由化されています。

ガス料金情報が絶対見つかります。

都市ガスとLPガスの違いは、都市ガスは導線を敷設し供給されます。

対してLPガスは設置したボンベから直接供給されるもので、プロパンガスとも呼ばれています。
LPガスは都市ガスに比べガス料金が高い傾向にありますが、ガス管の敷設工事を必要としないため、初期費用が必要ないというメリットがあります。賃貸物件のように居住者が入れ替わる可能性がある場合は、契約や設置が簡単なLPガスが良く使われます。



料金設定は業者によってバラバラで統一性はありませんが、一般的なガス料金は毎月の基本料金のほか、使用量ごとに金額が異なる従量料金制となっています。



例えば最初の5立方メートルが高く、10立方メートル、15立方メートルと使用量が増えるに従い1立方メートルあたりの料金は安くなるため、従量制と言っても電気料金とは正反対です。
使用する機器は都市ガスとLPガスとでは異なり、間違った器具を設置した場合は使用できなかったり故障の原因となるため、器具の取り扱いには十分注意が必要です。

LPガスの方が燃料効率が高いため、同じ熱量を得る場合はLPガスの方が少量で済みます。